開催内容

第2回 しもつけロボットコンテスト 大会情報

開催概要

(主催)一般社団法人ドリーム ロボ団下野校

(共催)(株)キープキャリエール ロボ団栃木(上戸祭、雀宮、泉ヶ丘、江曽島各校)

(後援)下野市教育委員会、宇都宮市教育委員会、小山市教育委員会

本大会は、下野市、宇都宮市、小山市など栃木県を中心とした地域の幼児・小学生・中学生が日頃のロボット製作・ロボットプログラミング学習の成果を一般に紹介し、また他のロボットに興味のある児童生徒と交流することで、創造性、問題解決力、チームワークや、先端科学技術への学習意欲を高め、今後の学習に生かすこと、及び、地域社会にロボットプログラミング教育を広報啓蒙することを目的とします。

大会名:第2回 しもつけロボットコンテスト(しもつけロボコン)

開催日:2019年3月21日(木・祝)

会場:下野市下古山747 グリムの館 多目的ホール

競技内容:◆ミドルカテゴリー◆スターターカテゴリー◆エキスパートカテゴリー

他、プログラミング無料体験などを同時開催。


大会の特徴

  • プログラム開発による自律型ロボットの競技会
  • 市販ロボットキットを利用することで、小学生を中心として、幼児から中学生まで参加しやすいコンテスト
  • 他のロボットコンテストよりも平易な課題を用意することで初学者・低年齢児の参加も可能

大会の内容

市販ロボットキットを使って自作したロボットで、各種競技に挑戦します。

競技には標準的な難易度のミドル競技と、スターター競技(初学者・低年齢者向け)に加え、WRO世界大会を目指す意味でエキスパート競技の3課題を用意する予定です。


チーム構成

各競技について、チーム単位の参加。
(1チーム:参加者 2-3名、コーチ(大人)1名まで)
[参加者 1名、コーチ(大人)1名のチーム構成では出場できません。]


競技内容

エキスパート競技・ミドル競技・スターター競技

大会指定の市販ロボットキットとソフトウェアにより、規定課題を競技する。自律型ロボットをチームで製作。製作されたロボットが競技を行う。

詳細な課題内容については、2月中に本サイトにて発表致します。


競技表彰

各競技1~3位


審査表彰

特別賞


参加費

1名あたり1,000円(参加者)

(※会場費、清掃搬入費として)


詳細については下記PDFをご覧下さい。

大会要綱

Scroll to top